引っ越しの準備に早く取り掛からないと・・・と思っても、モチベーションが上がらずにやる気がでない状態になっていませんか?引っ越しでやる気をださせ、モチベーションを上げる方法をご紹介!

当「引っ越し 見積もり」サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。「引っ越し 見積もり」サイトは、引っ越しをしなければならない人に、幾らかでも有益な情報をお分かちできればと思います。
あなたの引っ越しに少しでもお役に立つなら幸いです。

■引越しのモチベーションの上げ方について
引っ越しが決まりますと、「よし張るぞ」という気持ちになり、
すぐにスイッチが入る人もいることでしょう。しかしながら日腰というと憂うつな気持ちになり、なかなかモチベーションが上がらないという人もいます。ではもし、なかなかモチベーションが上がらないならば、どのような方法でモチベーションを上げるようにすると良いのでしょうか。
もしだらだらと時間だけが経過してゆくということがあるならば、時間の無駄いなってしまいますので、まずはとにかく無理やりにでも気持ちの切り替えようしてゆく必要があることでしょう。ではそのためにどうすることができるでしょうか。

【興奮作業】
やる気が出ない時に、やる気を出させる一番の方法は、とにかく「やり始める」ことです。
とにかくやり始める
一連の動きの中で一番パワーを必要とするのが、初動です。クルマでもそうです。動いていない状態から動き始める時が、一番燃料が消費されます。人間も同じで、動き出す時が体力的にも、精神的にも力を必要とします。しかし、一旦動き始めると、後は結構動けるものです。そのような経験をしたことがある人も多いはずです。

やり始めると、やる気がでることは、科学的にも実証されている事です。
人間にはやる気スイッチがあります。それは脳の中心近くに存在している「側坐核」という部分です。
この部分に”やる気スイッチ”がありますが、この部分は結構厄介なんです。実は、この部分を活動させるためには、刺激が必要です。
刺激があるとどんどん血流が集まり、やる気が出てきます。

その部分を刺激する方法は、「やり始める」ことです。
なので、動き始めると、やる気が出て来るということです。

しかし、長時間、また単調で面倒な作業をやらないといけないのかと考えると、動き出すのも億劫になります。なので、まずは5分間だけやってみると考えるのはどうでしょうか?

そのためにできる一つのこととして、不用品の処分から始めるようにするということができます。その際には、やる気の出る音楽や好きな音楽をかけるようにすることができるでしょう。そうするならば気持ちもだんだんと乗ってくるに違いありません。また1人で、処分品を片付けてゆくよりも、家族でワイワイガヤガヤと楽しみながら、またお友達に手伝っていろいろとおしゃべりをしながら、やってゆくならば、はかどってゆくということがあります。そのような方法を使うということもできるでしょう。もちろんお友達には、それなりのお礼はするようにいたしましょう。

■不要品の処分
引っ越しをする場合ですけども、思い切って、最近使用していないものは処分するようにいたしましょう。「まだ使えるかもしれないし、もったいない」という考え方は、しないようにするのが賢明ということができます。数年間使用していないものについては、これから先も使用することはほとんどないと言えるのではないでしょうか。それで、数年以内に使用していない、或いは、もっと思い切って1年以内に使用していないものは処分というように基準を決めて取りかかるようにいたしましょう。ほとんど使用していないものについてはリサイクル店に持ち込むということができます。しかし余程のものではない限り、リサイクル店では高く買ってくれるということはありません。それで費用対効果ということを考える必要があります。もしかすると、お店に出向くという事が時間の無駄になってしまうということがあるかもしれません。そのあたりをよく考えた上でリサイクル店に持っていくかどうかを決めることができるでしょう。粗大ごみについては民間業者に引き取ってもらうよりも、市区町村で引き取ってもらうようにする方が安く済むことでしょう。それでお住まいの自治体に問い合わせてみるということができるでしょう。

 

サイトマップ