引越しの準備をいつからリストに従って荷造りする?

引っ越しの準備いつから?

引っ越しの準備はいつから始めたらよいのでしょうか。まだ大丈夫だと引っ越しの準備を引き延ばしていると、あっという間に引っ越しが直前まで迫り、もっと早く準備しておけば良かったと後悔する人もいます。あるアンケートによると、3割ほどの人が2、3週間前に引っ越しの準備を開始するようです。それよりももっと遅く1週間前という人も3割近くになったようです。さらに1ヶ月以上前という人も20%程いました。

余裕を持って準備する人がいる一方で、直前に迫ってから準備を始めるという人も多いようです。3日前や前日また当日を合わせると20%近くの人が直前になってから始めるようです。しかし、直前になって始めると、やはり後悔すると言う人もいるので、ゆとりをもって準備を進めるのがベターといえるでしょう。

引っ越しの準備はいつから良いかと言うことは、一概に言うことはできません。何度も引っ越しをしている人は、引っ越し初心者と比べるならば、どのような手順で荷造りをすればよいのかよく分かっているので、要領よくできるでしょう。また、単身者と家族での引っ越しであるなら、荷物は家族での引っ越しの方が多いと思いますので、家族での引っ越しの方が、多くの日数を必要とするでしょう。
そのように引っ越しの準備はいつからいいかと言う点については、色々な要素が関係しているので、一概には言えません。ほとんど荷物がない人の場合は、数日前から始めても良いかもしれません。しかしある程度たくさんの荷物があるなら、遅くても2、3週間前から始めると良いでしょう。

しかし、上記のように説明されても、ピンとこない人もいるでしょう。もし、親しい友人や親戚の中に引っ越したことがある人がいるならばその人に尋ねてみるのも良いでしょう。特に引っ越し経験に関して経験が豊富な人に尋ねてみると、良いかもしれません。そのような人は色々な経験を持っているので、知識も豊富にあるに違いありません。

引っ越しの準備のリスト

引っ越しの当日にスムーズに引っ越し作業を行うことができるようにするためには引っ越しの準備のリストを作成しておくと良いでしょう。

ではどんなリストを作成することができるでしょうか。
まず最初にすぐに行うべきことをリストの一番上に上げることができます。それから、引っ越しまでの期間を区分し、やるべきことをリストにします。

引っ越しの1ヶ月前から2週間前までに行うこと、引っ越しの2週間前から1週間前に行うこと、引っ越しの前日に行うこと、引っ越しの当日に行うこと、引っ越し後に早めにやること、に分けることができるでしょう。

さらに引っ越し当日に行うことについては、引っ越し当日旧居で行うことと新居でやることに分けると良いでしょう。

そのように引っ越しが決まってから引っ越し後までの期間を区分することにより、やるべきことが整理され、見落としを防ぐと言うことができます。

引っ越しの準備のコツ

いざ引っ越しのために準備をしようと思っても何から手をつけたらよいのか分らないという人もいるでしょう。

ここでは、引っ越しの荷造りの準備のコツについてお伝えします。
引っ越しが決まったなら引っ越し業者を選定し、その引っ越し業者からダンボールがもらえるかもしれません。しかしその数だけでは足りないのでダンボールをどのように調達したら良いかと考えるかもしれません。

もちろんダンボールを用意することも大切ですが、しかしその前に行うべきことがあります。それは、持っていくものと処分品を選別することです。その選別を行う前にダンボールを用意してしまうと、処分品のダンボールまで準備してしまうということになります。そうすることは時間と労力の無駄になりますので、まずは持っていくものと処分品を選別するようにしましょう。

最初に手をつけると良いのは、ほとんど使用していない、押入れの奥にしまってあるようなものです。思い出の品なども色々とあるかもしれませんが、特に必要のないものについては処分するようにいたしましょう。

また、使っていない家電や衣類や本、 CD などもあるでしょう。もし、ほとんど使用していないのであるなら、思い切って捨ててみるのはどうでしょうか。そうしたものはゴミ処分場に持ち運ぶこともできますが、まだ使えそうであるならリサイクルショップに売るというのも一つの方法です。ゴミ処分場に持っていくなら出費がかさむことになりますが、リサイクルショップに持って行くならば、収入になりますので、売れるものは全部リサイクルショップに持って行くようにおすすめします。

それ以外のものも、一つ一つ持っていくか処分するかを決めるようにしましょう。すっきりと引っ越しをするために、また新居に余分な物を持ち込まないために、1年間使っていないものについては、処分してみるのはどうでしょうか。1年間使っていないと言うことは、おそらくこの先もほとんど使用することはないに違いありません。

引っ越しの準備の荷造りについて

引っ越しの準備として荷造りがありますが、荷造りはいつから始めたらよいのでしょうか。あまり早めに始めても、家の中がダンボールだらけになり、ストレスがたまると言うことになるかもしれません。しかし反対に、引っ越し日の直前になってからやり始めると、当日までに間に合わないということになるかもしれません。なので、2、3週間ほど前に始めるのが良いといえるでしょう。
2、3週間ほど前に始めると、ごみの処分に手間がかからなくなります。どれほどの頻度でごみの収集をするかは各自治体によって異なりますが、ほとんどの自治体では、2、3週間の間に色々な種類のごみの収集を行っているでしょう。引っ越しでは必ずゴミが出てしまいます。そのゴミをゴミ収集日に合わせて捨てることができるなら、ゴミ処分場に持っていく手間が省けますので、2、3週間ほど前に行うことがおすすめです。

また引っ越し直前に荷造りを始めるなら、ダンボールが足りなくなると言うことに気が付くこともあります。そのため、忙しい合間を縫ってダンボールを確保する。必要が生じるかもしれません。それは、ストレスをさらに増やすことになります。しかし、余裕を持って行うなら、足りないダンボールを慌てずに用意することができます。

荷造りは新居をイメージして行うと、新居に着いてからがとても楽になります。もし新居の間取り図が手に入るなら、手に入れておきましょう。そして、各部屋がどんな用途で使われるのかをあらかじめ決めておく必要があります。つまり書斎にするのか、寝室にするのか、客室にするのかなどです。そして、間取り図に記号をつけておきます。例えば、寝室ならA 、書斎なら B というようにです。そして、各部屋で使う。物を同じダンボールにまとめるようにします。そして各部屋の記号をダンボールに記入すると良いでしょう。間取り図は引っ越し業者にも渡しておくようにしましょう。そうするとダンボールに書かれている記号を見て、業者はスムーズに荷物を必要なところに置くようにしてくれるでしょう。


大型家具について:大型家具は、引っ越し業者によっては、専用のボックスを用意してくれます。そのような業者であるなら、当日に荷造りをしてくれるので、そのままの状態で置いておくことができます。もしそのようなサービスがないなら自分で梱包材で包むようにしましょう。

ダンボールに物を入れる場合には、梱包資材が必要になるかもしれません。洋服などはそのままダンボールに入れても良いですが、割れ物についてはきちんと必要な梱包を行って事にいたしましょう。必要な梱包としては例えばタオルや新聞紙などを用意すると良いでしょう。またプチプチなどの緩衝材を購入しておくこともできるかもしれません。そのようにきちんと梱包するようにしましょう。

引っ越しでやること関連コンテンツ

引っ越しの2週間前〜1週間前
当「引っ越し 見積もり」サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。「引っ越し 見積もり」サイトは ..... >> 続きを読む

引っ越しの1ヶ月前〜2週間前
当「引っ越し 見積もり」サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。「引っ越し 見積もり」サイトは ..... >> 続きを読む

引越しの決定〜1ヶ月前
当「引っ越し 見積もり」サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。「引っ越し 見積もり」サイトは ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ