引っ越しする時に、新居の確保をする

新居の確保

引っ越しは大変ですね。引っ越しの作業そのものもたいお変ですが、引越し先で新しい住居を見つけることも大変なことです。

会社の転勤で引っ越すというケースの場合、社宅など会社の側で住宅を用意してもらえる人も多いでしょう。


ですが、すべての会社で自宅を用意してくれるわけではありません。自分で新しい住宅を探さなければならないということもあるでしょう。
また引っ越しをする人すべてが転勤が引っ越しをする理由ではないはずです。

引っ越す場合当然引っ越し先の住居を見つけなければなりませんが、どのような方法で見つけることができるでしょうか。

引っ越し先の土地の不動産屋さんを訪問したり、またインターネットで探す人もいるでしょう。
不動産を訪問するなら大きな不動産屋さんへ訪問する人は多いのではないかと思います。

確かに大手の不動産屋さんは情報量が豊富ですので、新たな家を見つける確率は結構高くなります。

ですが、大手の不動産屋さんが良い情報を持ってるとは限りません。地元密着型の不動産屋さんも引っ越し先にあるなら、ぜひ訪問してみようにおすすめします。
もしかすると表には出てこないような、有料物件が見つかるということもあります。

なので、そのような小さな不動産屋さんも訪ねてみるようにおすすめします。
また、引っ越し先の付近に知人が住んでいるなら、その人たちにも空き物件を知らないかどうか聞いてみるようにおすすめしまう。
不動産を所有している人の中には、不動産屋さんを通さないという人もいます。不動産屋さんに管理を依頼すると、管理のための手数料を支払う必要があるからです。そうした管理費を節約する大家さんは、新しい住人を自分で探します。
そうした人たちが新たな住人を探す際に、地元のお店に張り紙をしてもらい住居人を探すという人もいます。
あるいは地元紙の広告に入居者募集の広告を出すという人もいます。
あなたの知り合いの人の中にはそうした広告を目にしているかもしれません。そのような物件は不動産屋さんでは見つからないということもあります。なので、知り合いがいるならぜひ、空いてる物件を知らないか聞いてみるようおすすめします。


もし不動産屋さんを利用する場合引っ越しのどのくらい前に不動産屋さんを訪問して物件を押さえるのが良いのでしょうか。もし数ヶ月も先であるならば、不動産屋さんはおそらく物件を押さえることはできないというでしょう。その間家賃収入が上がらないわけですから。当然といえば当然です。理想的なのは1ヶ月から1ヶ月半前といえます。そのくらいの期間に合ったならば幾つかの不動産屋さんを回るようにいたしましょう。自分のライフスタイルに合った家を見つけることができるかもしれません。しかし注意が必要です。引っ越しシーズンはゆったりと選んでいると目をシー物件が次々となくなってしまうということがあるからです。ですから引っ越しシーズンの時には少々スピードアップをして選ぶようにしましょう。


家を借りて住む場合には費用がかかるということを理解しておく必要があります。どのような費用がかかるのでしょうか。その代表的なものをいくつか取り上げます。
@ 礼金…礼金とは部屋を貸してくれる家主に対して、家を貸してもらえることのお礼の気持ちを込めて渡すお金のことで、昔からある慣習です。
昔は大家さんといえば、親も当然という考え方がありました。その大家さんに自分の子どもがお世話になるので、どうぞよろしくお願いしますという意味合いを込めて礼金が支払われたようです。
そのような気持ちのやり取りは今では少ないのでしょうけど、慣習は今でも残っているようです。

しかし今では礼金を支払わなくても良い物件も増えています。「礼金ゼロ」というフレーズを聞いたことがある人もいるでしょう。この礼金不要という物件は最近増えています。
その理由は賃貸物件の老朽化や貸しアパートやマンションの増加が、その背景にあります。
少子高齢化などのために賃貸物件が空室状態になり、開けておくよりも礼金をタダにして入居者を見つけたいために、礼金をもらわないという大家は少なくありません。
オーナーにとっては毎月予定していた家賃が入ってこないことは死活問題です。毎月の家賃をローンの返済に充てるためです。

ですから、もし入居者が決まらずに空室ならば、ローンの返済計画に狂いが生じ、最悪の場合破綻してしまうということもあります。
それで空き室にしておくならば、礼金をタダにしてすぐにでも入居者を入れたいということで礼金ゼロにしています。

この礼金ですが関東では1,2ヶ月分が主流となっています。京都以外の関西では礼金が0になりますが、敷金が非常に高いのが特徴です。北海道や九州、中国では礼金が0ということが多いようです。東海地方ではゼロということもあり、また3ヶ月分要求されるということもあるなど、バラバラです。そのように礼金は地域によって異なります。

A敷金…敷金とは家賃を滞納したり、あるいは退去時に原状回復をするための担保として預かっておくという意味合いがあります。
入居者は、これまで面識がない人であるために、入居後に家賃滞納が起きるのではないかという不安を抱いたとしても不思議ではありません。そうしたことを保障すいるものとして敷金を家主は入居者からもらいます。ですから、この敷金は家賃の滞納がなかったり、また家の中に特に大きな損害がない場合には返却するのが基本です。
住んでいれば当然劣化が進みますが劣化は、敷金で負担する必要はありません。しかしこの敷金の返金に関しては、親の側と入居者の側で認識の相違が生じてトラブルになるケースがあります。そういうケースを避けるために入居前に、きちんと敷金の返金に関して話し合っておくようにおすすめします。

B仲介手数料…仲介手数料とは何でしょうか。それは媒介報酬とも呼ばれていて、不動産屋が希望物件を探してくれた時に不動産屋さんに成功報酬として支払うお金のことです。
成功報酬であるため、希望通りの物件が見つからない場合には支払う必要は全くありません。仲介手数料は宅建業法によってその金額が決められています。その金額を上回った額を受け取るということは法律違反になります。ではどのくらいの金額が仲介手数料になるのでしょうか。賃貸契約の場合貸主と借主が家賃の1ヶ月分の額を折半してそれに消費税を足した金額を仲介手数料として支払うことになってきます。しかし最近では仲介手数料を0円として歌っている不動産会社も少なくないようです。


C賃料及び管理費…賃料と管理費も支払う必要があります。管理費とは教養の部分の電気代やエレベーターやあるいは水道代など共同で使うものにかかる費用に充てるものです。この管理費を0円にすることもあるようです。もちろんずっと0円というわけではなく、空き物件が続いているために入ってもらいたいというときに0円で貸すということもあるようです。しかし、数ヶ月後からは管理費が必要となるケースがほとんどです。


D火災保険料…火災を出してしまった時に補償を得るために支払う保険です。
火災を出してしまったとしてもその被害をすべて弁償しなければならないというわけではありません。基本的に火災が重大な過失がなければ他の人の家を減少させたとしてもその賠償を負わなくてもよいことになっています。しかしながら、もし借りている家を燃焼させてしまった場合、大家には損害賠償を支払う責任があります。なぜなら、契約書の中には原状回復をしなければならないという文言が含まれているからです。ですから火事を出し、その後、原状回復するには相当なお金が必要です。そのようなことを考えると、火災保険に入っておくことは賢明といえるでしょう。

 

サイトマップ