引っ越しでは、やることを詳しく!

引越しの決定〜1ヶ月前

当「引っ越し 見積もり」サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。「引っ越し 見積もり」サイトは、引っ越しをしなければならない人に、幾らかでも有益な情報をお分かちできればと思います。
あなたの引っ越しに少しでもお役に立つなら幸いです。

引越しの決定〜1ヶ月前までには、どんなことをやると良いでしょうか?
■引越しをする日を決める
いつ引っ越しをするのかということが決まらなければ、なかなか落ち着かないものです。それいつ引っ越しをするのかということを確定するようにいたしましょう。どの日付に引っ越すかということについては、お子さんが通っている学校やあなたやパートナーの仕事の都合、また賃貸契約の内容といったことなども考えながら検討しなければならないことでしょう。
そうした様々なのことを考えた上で、最も都合の良い日を引っ越しの日を確定しましょう。

しかしながら、繁忙期の場合ですと、すでに希望していた日が他の引っ越しでいっぱいになっているため、他の日にしてほしいと引っ越し業者から言われる可能性もあります。
もしどうしても、日付の調整が上手くいかないなら、他の業者に乗り換えることも考える必要があります。

しかし、他の業者の乗り換えは手間になります。そのため同じ業者で別の日に引っ越ししたほうがいいと考える人もいるでしょう。それで引っ越しの日付の候補を2,3考えるように、おすすめしたいと思います。その候補の順位付けもしておきましょう。

■部屋の契約解除の手続き
大家さん、部屋を管理している不動産会社に早めに引っ越しについて伝えるようにしましょう。
面倒くさいということで、伝えるのが延び延びになることがないようにいたしましょう。
そのように延び延びにするなら、結局余分に家賃を支払わなければならなくなるかもしれません。

まずは、契約書に目を通して、退去通知をしなければならない時期と方法を確認するようにおすすめします。
殆どのケースでは1ヶ月前までとなっていますが、しかし、契約によっては1ヶ月以上前から知らせるようになっているケースもありますので、注意が必要です。
通知方法ですが、その方法が記載されていなければ、管理会社に電話確認することができ、書かれているようなら、その方法に従って手続きをします。
引っ越しの日が決まったなら、明確に伝えます。不動産管理会社の中には、立会を求めるところが多いです。

立ち会いは1時間程度見込んでおくと良いでしょう。
管理会社は傷や汚れと言った者についての確認を行います。

鍵の原本及びコピーした鍵を返却します。
もし、コピーした鍵を返却できない場合には、交換費用を請求されることがあります。

その後敷金の返却に関する話し合いが行われることになります。

■学校に連絡
引っ越しの日程が決まりましたら、担任の先生にその旨を連絡するようにいたしましょう。学校に転校届けを出しますと、在学証明書という書類を出してくれます。それはたらしく通学する市区町村へ届け出て、就学通知書をもらうようにします。
学校や地域によっては、転校する子が同級生のお友達にお世話になりましたということで、ノートなどプレゼントするという習慣があるようです。担任の先生に、そのような習慣があるのかどうか尋ねてみるということもできるでしょう。

学校の手続き方法は別のページでも紹介しています。

■不用品の処分
何を持っていくのかが決まりましたら不用品を処分する必要があります。リサイクル品の買取店に買い取ってもらうということもできるでしょう。

もし、近くでフリーマーケットをしているなら、余裕があるなら出店してみるのも一つの方法です。
さらには、自分にとっては不要品であったとしても、欲しいという近所の方やお友達がいるかもしれません。それで一言尋ねてみるということもできるでしょう。そうするならば楽に処分品を手放すことができます。
家電リサイクル法によって、ごみ処理場に処分してもらえない物もあります。エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンです。これでについては、リサイクル料を支払った上で引き取ってもらうようにいたします。
これら家電リサイクル法によって引き取ってもらうように定められている家電を投棄するなら、不法投棄の罪で罰せられることになります。
違反した場合には、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、又は併科となります。

依頼した不用品回収業者が悪質な業者であった場合、トラブルや犯罪に巻き込まれる恐れがあります。
なので、各自治体が指定業者に依頼するようにしましょう。
また、引っ越し業者の中には、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンを引き取るサービスを実施しているところもあります。
見積もりの際に尋ねてみるようにすることもできるでしょう。

 

サイトマップ