一軒家の引っ越しの挨拶で持っていく品物

引っ越しをする場合、品物を持って、挨拶に行く人が多いのではないかと思います。

しかし、どの範囲まで挨拶をしたらよいのかと困る人も多いのではないかと思います。アパートの場合だと領土なりと上下に挨拶をするという人も多いと思います。では一軒家の場合、どの程度まで挨拶に含めたらよいのでしょうか。一般的に言われているのは向こう三軒両隣というものです。しかしそれは、きちんと区画整理されているところに住んでいる人の話であって、自分の家の場合、どの家が、それに当てはまるのかわからないという人もいるでしょう。

もしはっきりと、どの程度まで挨拶回りをしたらよいのかわからないのであれば、向こう3軒両隣と思える家を含め、敷地に接している一軒家や、ある程度接触のあった家お含めると良いかもしれません。

また班長さんや、大家さんがいるなら、その方たちに、どの程度まで挨拶をしたらよいのか尋ねてみるということもできるでしょう。

また忘れてはならないのは、敷地の裏に住んでいる一軒家の方たちです。裏の方に住んでいる方に接触するということはあまりないかもしれません。しかし、もしかすると、何らかの仕方で迷惑をかけたということがあるかもしれません。また、新居での場合、これから迷惑をかけるということもあるかもしれません。
なので、挨拶をしといた方がよいといえるでしょう。

引っ越しの挨拶の品物として何を持っていったらよいでしょうか。日用品、特に消耗品等をお勧めします。消耗品としては産卵ラップやアルミホイールといったものがあるでしょう。またトイレットペーパー等も良いかもしれませんし、少々高級なティッシュペーパーでも構わないかもしれません。好みが分かれるものについては、避けた方が無難でしょう。また、これから住む場合のあいさつ回りの場合には、指定されたごみ袋等も良いかもしれません。ごみ袋はどの家庭でも使うものですので、贈られると喜ばれることでしょう。

 

サイトマップ