引っ越し見積もり単身パック相場について調べました

引っ越しの見積もり単身パックの相場を安くするためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず単身パックとは何かということから説明いたします。単身パックとは日本通運が開発したものです。それは1989年のことでしたけどもコンテナボックスを活用した単身向けの少量取引商品として開発されました。そして2004年に日本通運が単身パックとして商標登録されました。そのために日本通運以外では単身パックという名称を使うことはできずに、別の名称をサービスとして用いています。これネコヤマトでは単身引っ越しサービスパックというふうに呼ばれています。ですが一般的には、どの会社の単身向けサービスも単身パックとして使われています。単身パックの定義ですが、高さ170センチ、横幅110センチ、奥行き100センチ程度の頭がついているコンテナボックスに荷物を積み切ることができる引っ越しサービスということになります。
現在単身パックは引っ越しスタッフが荷物を収集してもらう日時と受け取り時間を連絡し、引っ越し先の住所に配達し依頼するということになっています。

単身パックには、メリットとデメリットがありますので、それを理解した上で活用するようにおすすめします単身パックのメリットとしては料金が格安ということになります。また、荷物を積み切ることができるなら追加料金の発生もありません。また、サイズが決まってるためにキョン的に引っ越し業者の訪問による見積もりが不要という点もメリットといえるでしょう。さらに、段ボールが分散される心配がないために紛失や破損するリスクも少ないといえます。
デメリットとしては段ボールといった梱包資材の無料提供や回収がないという点を挙げる古田できます。また、コンテナボックスに限りがあるために積みきれないと追加料金が発生します。また荷物のサイズが限られているため、コンテナボックスよりも大きなものは運ぶことができません。
しかし単身パックは低コストで輸送することができるため、利用者にとっては格安で引っ越しができるという大きなメリットがあります。

クロネコヤマト引っ越しサービスの単身パックですけども、これらの料金相場は約12000円程度です。クロネコヤマトがサービスしている単身パックには単身引っ越しサービスと、単身引っ越しサービスミニタイプがあります。
他にも楽々家財宅急便という家財を一点から運んでくれるサービスや単身引っ越しジャストサービスというような急な転勤に対応してくれるサービスもしています。そのようにクロネコヤマトは単身向けのサービスが充実しています。

日通の単身パックについてですが、単身パックですと単身パック L があります。これらの相場ですが、15000円ほどとなっています。
また荷物が大量にある方には単身パック X 、さらに単身パック積んでみる1.5m3
といったサービスもあります。

単身パックには割引の特典もありますので利用すると良いでしょう。
日通ですけども。 WEB 割引として2000円、複数ボックス割引として1000円.エリア割引として1000円という特典があります。またクロネコヤマトは WEB 割引が2000円、平日割引が1000円、早期申し込み割引が1000円,複数ボックス割引が1000円です。鳩のマークの引っ越しセンターは複数ボックス割引が1000円となっています。

引っ越しに利用する段ボールは薬局やスーパーやホームセンターなどで無料で手に入れることができますまたネット通販を利用することもできます。一枚あたり100円から150円ほどで、購入できます。

単身パックですけども積むことができる荷物の量が限られていますので隙間なく詰めようにしないと全部の荷物が載せきれないっていう事態が発生することがあります。なので段ボールのサイズと個数はコンテナボックスに即したものを準備することをオススメします。コンテナボックスの大きさが幅108cm 奥行き74センチの場合ですと80サイズという。幅37センチ、奥行き27センチの段ボールを利用すると隙間なく積み込むことができますのでオススメです。

単身パックでは運ぶことができる荷物と運べない荷物があります。例えばベットは折り畳み式であるならば、運送は可能になりますが、組み立て式は長さがオーバーしてしまうために運ぶのは難しいといえるでしょう。自転車はコンテナボックスに収まるのであれば運送できますが、自転車だけでいっぱいになってしまう可能性がありますので事前社は別便で配送することをオススメします。冷蔵庫は2ドアタイプであるなら配送が可能です。3ドアの冷蔵庫でも配送できますけども170センチ以下である日通の単身パック L に限られます。洗濯機はコンテナボックスに積むことができます。液晶テレビは、70インチ以上のものであるならば、小さいコンテナに載せることは難しいですがそれ以外であるならば可能です。

単身の引っ越しの費用を安くするためにはどういうふうな方法があるでしょうか。
引っ越しの荷物をコンテナやトラックなどで運ぶのではなくて宅急便や宅配便で運べないかどうかを考えてみるということはできるでしょう。荷物が段ボールバコ10パコ以内に収まり、大型の家具や家電がないのであれば、もしかすると、宅急便や宅配便を利用した方が安いかもしれないので、検討をオススメします。

またレンタカーを借りて自分で引っ越しをするという方法があります。短い距離で引っ越しをする場合にはレンタカーを利用した方が安く済むかもしれません。

引っ越しが安い時期を選ぶというのも一つの方法といえるでしょう。単身の引っ越しの場合は7月が1番安い時期といえます。この時期を選ぶことをオススメします。

学生で単身の方の場合には学割パックというものがあります。あと引っ越しセンターにそのサービスがありますので利用するということができるでしょう。こちらも方も見積もりが不要というメリットがあります。

近距離であるならばフリー便やまた長距離の引っ越しならば混載便を利用するというのも一つの方法といえるでしょう。ただしデメリットもありますフリー便の場合には作業完了が夜になるということがありますですがかなり見積もりが安くなります。また混載便の場合ですけども。根菜品とは複数の依頼者の荷物を積み込んで1台のトラックで運ぶというものです。つまり、輸送コストを複数の依頼者で折半するという形になるので安くなります。

 

サイトマップ