引っ越し見積もり単身相場はどれくらいなのか?

引っ越しの見積もりの単身総和はどれくらいなのかと考える人も多いでしょう。単身の引っ越しですけども、家族の引っ越しよりも荷物が少ないのは当然です。なので、単身の引っ越し見積もりの相場は当然割安になりますね。ですが、具体的に幾らかかるのか。とか幾らあれば引っ越しできるかというように考えてしまうでしょう。
まず単身者の引っ越しにかかる費用ですが、単身者の引っ越しの相場は繁忙期とそれ以外の時きっとでは相場がかなり異なります。繁忙期であるならば、荷物が少ない単身者の場合には、平均すると48849円となっています。もちろんこれは、引っ越し先の距離までによって料金は変わります。通常期の場合ですと400011926円ですので、約7000円違うことがわかります。


荷物が多くなると繁忙期では全国平均で68272円、通常期は54132円です。なので14000円ほどの開きがあります。このように総和は繁忙期とそれ以外の時期ではかなり違いますので、安く引っ越しをしたいのであるならば繁忙期を避けて通常期に引っ越しするのが良いでしょう。

引っ越し業者には、引っ越しの単身パックや単身プランというものを用意しています。業者によっていろいろな名前が付けられていますけども。トラックを貸し切って荷物を運搬するというような通常の引っ越し広報ではなくて決められたコンテナがあり、そこに荷物を積み込み、他の引っ越しの依頼者の荷物と混載して運ぶのが単身向けパックといえます。これは日本通運やサカイ引っ越しセンター、クロネコヤマトの引っ越しサービスなどで用いられているサービスです。運べる荷物の量は少ないのですけども、家を出て、新しい生活を始める人やまたアパートの中には家具つきの物件がありますがそこに引っ越しをする人などは少ない荷物で十分なので、そうした人にはうってつけのサービスということができます。
単身者向けのサービスですが、
日本通運は単身パックと呼ばれています。クロネコヤマトサービスの場合には単身引っ越しサービスと呼ばれていて、サカイ引っ越しセンター小口便引っ越しサービスと呼ばれています。


単身向けプランは普通は日荷物の量をあらかじめ引っ越し業者に確認してもらい、距離や日程を考えながら料金を計算していきます。そのようにして見積もり金額を出すわけです。家族であるならトラックを複数台使用して全部の荷物を運びます。そのためコストがかなりかかります。ですが、荷物が比較的少ない単身向けパックはそうではないので、その分安くなっています。しかし単身とはいえ荷物が多く、コンテナに住むことができない大きな家具があるといった場合には、通常のプランを利用して引っ越しをするということになるでしょう。

単身パックや単身向けプランには幾らかのメリットやデメリットがあります。単身パックのメリットは何と言っても料金を安く抑えるということができるということです。しかし、デメリットもあり、それを超えた分については別の方法で運ばなければなりませんし、その分料金がかかるというデメリットがあります。

単身パック向けの見積もりで気をつけたいことがいくつかあります。持っていくものと置いていくものや捨てていくものをちゃんと決めておく必要があります。また引っ越ししたい日時も決めておきましょう。見積もりをしてもらうときにたくさんの候補があると、その中から一番安い日を選ぶということもできます。引っ越しは、日時や曜日によって料金が違ってきますので、一番安いプランで引っ越しをしたいならば、いくつかの候補を挙げとくのは大切です。また、梱包と荷解きをどこまで自分でするかということも考えておく必要があるでしょう。引っ越しのプランの中には、梱包や荷解きをしてもらうというプランもあります。しかし自分でやるならば安上がりになりますのでその点も考えておくことができるでしょう。さらに新居周辺の道路にトラックが廃れるかどうかも確認しておくことが必要です。トラックが入らないならば大幅に引っ越しの作業が遅れてしまうということがあります。こうした点を見積もりの担当者と確認しておくと良いでしょう。

単身の引っ越しを安くするためにどういう工夫をすることができるでしょうか。
大型の家具は新しい家で落ち着いたなら購入することをオススメします。別邸や関数といったものは運ぶとなると大きなトラックを使わなければなりません。トラックを利用するならば当然見積もりの料金も高くなります。ですから、大きな家具や家電を運ぶためにトラックを借りるよりも、そのような大きな物は思い切って処分して新居になってから新しいく購入した方が安く済むという場合があります。

引っ越し時間や日にちなど譲歩できる点を考える。

引っ越し業者が一番忙しいのは2月〜4月の土日祝日になります。その中でも午前中が一番人気の時間帯といえます。引っ越し業者は最近、人手不足に悩んでいますしまたこのシーズンは引っ越しをする人たちが集中しますので、スケジュールを抑えるのは1苦労といえます。なぜ午前中が人気なのかというと、その日のうちに引っ越しを終えて落ち着きたいという人が多いというのがその理由です。そのためその時間帯は人気が集中し、価格交渉を行うということはかなり難しいといえます。なので時間はいつでも OK とか、土日祝日ではなく、平日でも良いというように融通のきく日程を持つならば、業者の方としてもスケジュールが取りやすくなります。他に競合する人がいないために引っ越し料金が安くなるということがあります。それで譲歩できる点は何かということを考えて見積もり担当者と相談すると良いでしょう。

引っ越し見積もり単身者関連コンテンツ

引っ越しの見積もり単身パックの相場を安くするためにはどうしたらよいのでしょうか。 まず単身パッ ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ