引っ越しの見積もりを安い価格で!ネットなら実現!

お掃除の手順

お掃除の手順についてですが、お掃除はどのような順序で行うのがよいのでしょうか。
掃除の基本は上から下に12進めるのが基本中の基本ということができます。なぜでしょうか。ホコリは上から下に向かって落ちて行きます。ですから、引っ越しの掃除の時にはまず、天井のホコリを払い、壁面、ドアや引き戸などの建具に進んで行き、そしてテーブルや格納上についたほこりを落として行き、最後には床の掃除をいたします。これが基本です。

そして掃除をする際には、しっかりと換気をするということが大事であるということができます。窓を全開にして換気を良くしてから始めるようにいたしましょう。そして掃除が終わった後もすぐに窓を閉めるのではなくて、換気を十分に行うということが大切ということができるでしょう。なぜ、ならば掃除機をかけた場合に待ったほこりが落ちてくるまでに15分〜20分ほどかかります。

また畳やカーペットを水拭きする場合には、完全に乾くまでには半日ほどかかりますので、渇きを早くするために窓を開けておくということはおすすめといえます。

どのような洗剤

引っ越しの掃除の際に、どのような洗剤を使ったら良いかと悩むかもしれません。どのような洗剤を使うのがよいのでしょうか。軽い汚れであるならば、食器用洗剤を使用するということができるでしょう。食器用洗剤は食器洗いにしか使えないというふうに考える必要はありません。食器用洗剤はいろいろな場所の汚れに使うということができます。食器用洗剤の主成分は、界面活性剤で中性です。家電製品などの手入れ方に中性洗剤でと書かれている場合がありますが、そのような場合には食器用洗剤を使用するということができます。この中性洗剤は素材を痛める事がありません。しかも汚れ落としに使うことができるという非常に便利物ということができます。しかしながら、水に入れますと泡が経ちすぎてしまうというのが難点ということができます。ですので、固く絞った雑巾につけて使うようにいたしましょう。しかしながら、食器用洗剤は、軽い汚れであるならばすぐに落ちますが頑固な汚れの場合には別の強力な洗剤へと進む必要があるでしょう

掃除用洗剤

掃除用洗剤というものがありますが、掃除用洗剤とは、水拭きやお湯拭きではすっきりしない場合の拭き掃除用を洗剤ということができます。この掃除用洗剤ですが、広くオールマイティーに使うことができます。洗剤でふいた後、水拭きが入りませんので、そのような目に置いて大変便利ということができるでしょう。家電製品などにおいて修正で手入れをされているものに使っても問題はほとんどないということができます。この掃除用洗剤の中には簡単マイペットというものがあります。これは弱アルカリ性となっています。ロックふき取り中世クリーナといったものもありますが、中性のものも販売されています。ちなみに、この掃除用洗剤は、どのようなものでも使うことはできるわけですが、しかしながら、水が染み込むようなきや壁や或いは銅や真鍮といった製品に使用するということはできません。気をつけて使用するということができるでしょう。

油汚れは、アルカリ洗剤

油汚れがひどい場合に使用するのはアルカリ洗剤です。

アルカリ洗剤のオススメの1つは「マジックリン」です。
スーパーやホームセンターでも購入することのできる便利なアルカリ洗剤という事ができます。

しかし、アルカリ洗剤を使用するには、注意が必要です。
それは、素材を傷める恐れがある事です。

実際アルカリ洗剤の注意書きには「傷んだ塗装面、フッ素コート、アルミは、ハゲたり変色したりすることがあるので、目立たないところで試してから、手早く掃除する」とあります。

これは本当で、特に塗装が本体から浮いている場合は、剥がれます。
ですので、注意が必要と言えます。

また、アルカリ洗剤を使用するときは必ず手袋をするようにしましょう。
強力ですので、手の油も除き去ってしまいます。
そうなりますと、手が荒れてしまいますので、手袋を装着することは必ずしましょう

クリームクレンザー

クリームクレンザーですが、どのような場合に使う洗剤ということができるのでしょうか?ううクリームクレンザーをわ細かい研磨剤が入った液体タイプのクレンザーということができます。例えば、クリームクレンザーとして出されている商品の中には「ジフ」、「ホーミング」といったものがあります。この洗剤は、様々な汚れを強力に落とします。そのため、ステンレス、タイル、ホーロー、陶器、ガラス、プラスティックといった様々な素材に使用するということができます。そしてこのクリームクレンザーですが弱アルカリ性ですので、デリケート肌でないのであるならば、手袋なしでも使用しても構わない洗剤ということができます。このクリームクレンザーに適さないものもあります。木製の製品、例えばスノコといったものなどは使わないようにするということが賢明といえます。

基本的な洗剤は3つ

掃除の洗剤についてですけども、基本的には掃除用洗剤、油汚れ用洗剤、クリームクレンザーの三つということができます。ですからこの三つの洗剤をそろえておくならば、家の中のほとんどの汚れに対応するということができます。


ですから、何々用洗剤ということでそれぞれの場所にあった洗剤が販売されていますが、場所ごとに洗剤を用意する必要はありません。例えば、クリームクレンザーもキッチン用とバス用とわかれているものもありますけども、しかしながら、成分はどちらもほぼ同じですので、使い分ける必要は全くないということができます。基本的には三つの洗剤で十分ということができます。


頑固な汚れや、焦げ付きの汚れ、サビ等については、石鹸つきのスチールウールを使うと良く落とすことができるといえます。石鹸つきでスチールウールとは洗浄剤を含ませたやわらかい鉄製の金属繊維です。このスチールウールはステンレス、耐える、ホーロー、陶器、ガラス、プラスチックであるならば、ほとんど傷をつけることなく汚れを落とすことができます。スチールウールは様々なものが販売されていますが、その中でもホーミングパットは傷がつきにくいという評判です。しかしながら注意が必要です。鉄分が残るとサビの原因になります。ですので、細かい鉄粉が飛び散るならば後で綺麗に洗い流すということが必要ということができるでしょう。

つけ置き洗い

洗剤の中にはつけ置き洗いができるものもあります。例えばその一つにワイドマジックリンがあります。これは顆粒状になっていて、お湯に溶いてから使う洗剤です。どのような汚れの場合、つけ置き洗いが有効ということができるでしょうか。換気扇など油でべたべたしてるものや、或いは魚焼きグリルや、鍋や茶漉しといったものもつけ置き洗いをするということによって汚れを落とすということができます。汚れがひどく幾ら洗っても汚れが落ちないものについては、つけ置き洗いをするというのも一つの方法ということができます。ただし、換気扇の場合、油汚れによって表面上の塗装が浮いている場合があります。そのようなものをつけおき洗いするならば、その塗装の部分がはがれてくる場合があります。そのような点を理解しながら使う方が良いということができるでしょう。

 

サイトマップ