引っ越しの見積もりを安い価格で!ネットなら実現!

洗剤の中には、ハンドルスプレー式のものも多く売られています。




泡として汚れにアプローチして、多くの時間汚れの部分にとどまらせることによって、汚れを分解することが目的です。



しかしながら、うまく泡になって魔都の部分に当たらないという悩みをお持ちの方もおられると思います。

実は、ハンドスプレー式のものは、ちょっとしたコツがいります。



それは、ハンドルを勢い良く引くということです。



ハンドルをゆっくりと引くと十分な泡にはなりません。

なので、勢い良くハンドルを引くように致しましょう。



湿布法

もし、汚れがこびりついていて、簡単に落ちないようでしたら、湿布式によって汚れを浮かすという事ができます。

どのようにするかといいますと、汚れの部分にティッシュペーパーを貼り付けて、その上から洗剤を吹きかけます。
その状態で15-20分程度おいておきます。
そうしますと、徐々に洗剤が汚れの部分に作用して行き、汚れが浮いてゆくことでしょう。

この方法は、壁面等に付いている汚れを落とす場合、効果的な方法ということができます

 

サイトマップ