引っ越しの見積もりを安い価格で!ネットなら実現!

カビキラーの使用法

引っ越しの際にカビキラーを使い掃除をするという場合があると思います。カビキラーを使う上でのポイントとなるのはどのようなことでしょうか。すべての塩素系のカビ取り剤はカビを殺菌して漂白し取るというものです。ですので、カビ取り剤をつけたならばそのにしておくことがポイントということができます。時間が経つに従って殺菌が進んで行きます。そしてやがて漂白されてカビが消えていきます。ですのでこすってしまうと漂白殺菌する時間がなくなってしまい、カビ取り効果が落ちてしまうということができるでしょう。またカビ取り剤は製造してから2、3年たちますと効果がほとんどなくなってしまいます。そのため古いものを使うならばカビが取れない場合があります。カビ取り効果を期待するのであるならば、新鮮なカビ取り剤を使うのが良いということができるでしょう。

ゴムパッキンはどうしたらよいのか

浴室は湿気がこもり、カビが生えやすい環境にあるということができます。特に、ゴムパッキンについては、カビが生えやすいということができるでしょう。ゴムパッキンというのは、浴室の埋め込みタイプの浴槽の周りなどに使われているゴムのようなシリコン系充填剤やアルミサッシの窓のガラスを止めているゴムのことです。これらのゴムにカビが生えて、浸透していきますとなかなか取るのは容易ではありません。ですので、カビがまだ浅いうちに、カビを取る方が良いということができます。最近では、優秀なカビ取り剤が出てきていますので、それらのカビ取り剤によってカビを取るということができるでしょう。しかしながら、中まで浸透し真っ黒になってる場合は、表面の部分しかカビを取るということはできません。

ジェルタイプのカビ取り剤

カビ取り剤の中でもジェルタイプのものがあります。例えばライオンから出されているルックカビ取りジェルやヘンケルジャパンから出されているカビ取りジェルタイプ用といったものがあります。これらのカビ取り剤についてはジェル状のために液体よりもたれにくく垂直な面にも使いやすいということが特徴ということができます。「ルックカビ取り剤ジェル」は、ジェル状にスプレーできるカビ取り剤で、ジェルの黄色い色が消えてカビ取り完了を知らせてくれるという特徴があります。「カビ取りジェルタイル目地用」は、チューブから直接タイル目地などに濡れるタイプとなっているものです。スプレーとは異なり飛び散らないという特徴がありますので、手や衣類につきにくく刺激もないという点がとても良いということができるでしょう。

塩素系の漂白剤

実は、カビ取り剤と謳っているカビ取り用洗剤でなくても、塩素系の漂白剤であってもカビを落とすということはできます。例えばキッチン用の「キッチンハイター」、「キッチンキレイキレイお台所の除菌&漂白」といった洗剤は、カビ取り剤の洗剤の代用品となりえます。こうした塩素系漂白剤もカビを取る効果はカビ取り剤とそんなに変わりがないということができます。なぜなら、主成分が次亜塩素酸ナトリウムと同じだからです。こうした漂白剤はカビ取り剤よりも濃度が高いということがいえます。そのため塩素系漂白剤をカビ取り剤として使う場合には2、3倍に水で薄めて使うようにいたしましょう。普通のカビ取り剤では水周りのカビが取れない場合もありますが、こうした漂白剤を原液のまま使うと取れる場合があります。しかし素材を痛めてしまう危険性もありますのでよく考えた上で使用するということができます。

 

サイトマップ